秋のイベント in 富田

今日は、昨日とは違って、暑いくらいに晴れた日でした。

富田では、公民館広場を中心に、イベントづくしの一日でした。

「とくとく感謝祭」は、舞台、模擬店や着ぐるみショー、フリマ

などで、大盛り上がりでした。

本照寺では、「わが町スケッチ原画展」やジャンボ茶会が開催されました。

同時に、富田クイズラリーの各場所では、学芸員の方が解説してくださいました。

多くの方が参加されていて、中には、40年ぶりに富田に来たとおっしゃる方

もいらっしゃいました。

夕方からは、三輪神社・本照寺で、灯篭が並び、幻想的でした。

酒粕うどんである「あやめうどん」のお店は、長蛇の列。

水まんじゅうは、あっという間に売り切れてしまいました。

「富田満喫」でしたが、やはり、こういったイベントを支えて下さっている

方々に、「ありがとう!お疲れ様です。」の感謝の気持ちでいっぱいです。

「住みよいまち」にするために

15日も一日中、雨が降り、イベントで出店している人たちは、

本当に大変でした。

たかつきNPO協働フェスタは、主に活動展示でしたので、室内でしたが、

同時開催の「フリーマーケットたかつきの市」や「たかつきふれあいひろば」は、

高槻市役所前で開催していたため、テントのない店は、品物が雨で

濡れて、その対処に大変そうでした。

それでも、顔見知りの方にお会いすると、何かひとつでも買っていきたい

気持ちになりました。

この写真のネックレスもバザーで買いました。

この他、気仙沼のレトルトパウチ食品ふかひれスープに仙台のまゆたま、

ハーブ石鹸にかばんなどを購入し、大阪市内で開催されているメディア・リテラシー

講座に出席し、その後、また急いで高槻へ帰ってきました。

辻元清美国政報告会に参加するためです。ゲストは、飯田哲也さんという

こともあってか、会場は満席でした。