空が広~い

5日~6日は、北海道・栗山町北広島市へ視察に行ってきました。

まずは、栗山町の紹介をします。

新千歳空港から、電車に乗って、栗山町に着くと、背の高い建物がない

せいか、空が広く感じました。少し冷たい空気が、本当に清々しくて、空気

もおいしく感じました。

さすがに、土地が広いだけあって、空間の使い方が贅沢(?!)というか、

ゆとりがあります。

駅舎や駅前広場、道路、どれをとっても、そう感じます。

駅からは、広い道路の両側に頑丈なつくりの2階建てのお店が、整然と

並んでいます。

駅から、歩いてフィールドワークをした後に、町庁舎に着きました。

議会事務局の方、市議会議長、副議長に加えて議員御二人が対応していただいて、

視察目的である、議会基本条例と議会改革について、熱心に意見交流しました。

私は、初めての視察ですので、事前の資料学習と自分の問題意識の整理、

関連事案の学習をして臨みました。

もちろん、会派のみなさんと視点が重なる点もありますので、とても、深い

ところが話し合われました。

栗山町は、全国で最初に「議会基本条例」をつくった自治体ですので、

全国各地から注目されていて、視察が後をたたない状況ですが、

本当に真摯に対応していただきました。

「そりゃ、、、ありますよ。」と、こちらの質問に対しても、正直にお答え

いただける場面もあって、親近感も増しました。ありがとうございました。