10月2011

久しぶり~(^^♪

30日は、高槻みらいフェスティバルが、高槻城跡公園内で

開催されました。

午前中は私用があったため、午後から急いで駆けつけましたが、

生憎の雨で、気温も下がってきて、肌寒くなってきました。

それでも、舞台発表は元気よく華やかに盛り上がり、原発に対する

メッセージもありました。

出店されている実行委員会のみなさんも、「反核・平和」を願っての

活動だと思います。

夕方からは、民主党大阪府連の「躍進の集い」が大阪市内で開催

されました。

首長、経済界、労働組合からの来賓紹介と祝辞が続き、乾杯となりました。

その後、アトラクションとして南米音楽の演奏が始まり、会食と歓談で会場は

盛り上がっていました。

報道陣は、平松大阪市長の周りに集まり、なかなか前に進めない様子でした。

私も、知人のみなさんにご挨拶していましたが、なによりの知人は、南米音楽

を演奏しているアーテスト(フローレス・デュオ)でした。

本当に久しぶりでしたので、セッティング中に声をかけました。

「ひさしぶり~」と握手。

「また、ゆっくりと話したいね~」と言って、彼らは、演奏を始めました。

これだけのことでも、何だか嬉しくなりました。

本当に、次は、ゆっくりと会いたいと思いました。

組み立て体操

昨日の土曜日は、親戚のこどもの運動会へ行きました。

10月下旬とは思えないくらいの暑さでしたので、ある意味「運動会日和」でした。

朝の8時半スタートでしたが、すでに保護者の方々もスタンバイされていて、

小学校の運動場は、満員状態でした。

準備や運営には、保護者会のお父さん方がプログラムのための準備をほぼ

こなされていたのが印象的でした。

親戚のこどもは、年中組と年長組にいたのですが、幼稚園が60周年とあって、

今年は、特別な運動会だったようです。

そのためか、年長組のこどもたちは、リズムと組体を合わせた団体演技や

鼓笛隊、リレーなど盛りだくさんでした。

保護者は、我が子、我が孫の成長に感動、感激です。

私は、普段の家庭生活で見せる態度にくらべて、やはり社会や集団の中

にいる自分を意識したこどもたちの姿にビックリしました。

いやに「おとな」な姿勢が、成長なのでしょうか?それとも、「緊張」でしょうか?

とにかく、頑張っていたこどもたちに拍手です!!

この大イベントを乗り越えられたすべてのおとなの方々にも、お疲れさまでした!

幸せオーラ

28日は、午前中に連合大阪の定期大会に出席し、午後からも、

労働組合の定期大会に出席させていただきました。

事務所に帰るのに、電車に乗っていると小学2年生くらいの集団が

おそらく遠足の帰りか、リラックスムードで乗っていました。

車内は、ゆとりがあったせいか、ちょっとしたこどもの行動にも

寛容です。、、、、、というより、関心なしです。

4人の女の子がひとりの男の子にちょっかいをかけて、ゆるくぶつかったり

します。その両サイドには、高校生が座っていたのですが、こどもがぶつかっても

自分自身が携帯電話に必死なためか、そんなことは、最初から気にもならないのかも

しれません。

私も、そのこどもたちに、少し話しかけてみようかな?と思っていたら、担任の先生が

スッと男の子に寄り添われて、気持ちを落ち着かせて、その5人のこどもたち全員と

ほかのこどもがいるところへ連れていかれました。ほんとにお見事!で、

こどもたちは、すこしハメを外したことを反省し、その後は、気持ちを切り替えて、他の

ひとに迷惑がかからないように過ごしていました。

大きな声を出さなくても、きつく叱らなくても、こどもと先生が日常生活で、ある意味

フェアな関係にあれば、10歳にも満たないこどもでも、理解できるんですね。

なにより、こどもたちは、電車に乗っていることも、ともだちとおしゃべりすることも。

とってもとっても楽しんでいる様子がよくわかりました。

あの笑顔は、テレビのスーパー子役でも表現できない、「ほんまもん」の幸せオーラ

を放っていました。さすがです。!

パープルリボン

27日は、午前10時から「高槻市男女共同参画審議会」を傍聴しました。

案件は、「第4次行動計画の策定について」が主でした。

審議会が閉会して、傍聴者が部屋から出ようとしたときに、担当者から、

パープルリボンとパンフレットと講座の案内をいただきました。

・DVや虐待などの暴力をなくすこと

・暴力の被害にあっているひとたちの安全を守ること

・暴力が絶対にあってはならないことを周囲に伝え、関心をもってもらうこと

✿紫色のリボンを身につけたり、飾ったりすることで暴力の元に身をおいている人

 に勇気を与えて下さい。

と書いた、紫色のメッセージカードとともに、パープルリボンが入っていました。

きっと、啓発のために職員が中心になって、リボンやカードを創られたんではないかと

思いました。結構大変な裏方をコツコツとされている方々には、本当に感謝します。

この社会から「暴力」は、完全になくしたいですよね。

明日から、リボンをつけて行こうと思います。

かしこいこどもの育て方とは?

朝晩、寒くなりましたね。

25日に近畿地方は、「木枯らし一号」が吹いたと発表されています。

普段、薄着の私も、昨日は、長袖の重ね着で過ごしました。

26日は、朝から、私の活動報告ニュースの印刷で、スタッフは大忙しでした。

私はというと、その印刷できる原稿の最終校正を一枚ずつ仕上げるという

作業です。スタッフの印刷の方が、スムーズなため、原稿仕上がりが遅い分、

迷惑をかけることとなりました。すみません。((+_+))

それでも、夕方には、ようやく原稿もそろい、夜の人権講演会に参加できることが

できました。

講師は、キッズいわき ぱふ代表の岩城敏之さんでした。

岩城さんとの出会いは、古く、初めてお会いしてから20年近くに

なります。

いつ、お話を聴いても、おもしろく、テンポが良いお話ですが、

今の社会をとらえて、次の世代を担う子育てを真剣に考えて

いらっしゃいます。

今晩は、普段のテンポを随分と抑えてお話になっていたので、

講演会が終了してから、「今日は、手話通訳があったので、普段より

ゆっくりのペースで話されていましたね。」とお声がけすると、岩城さんは、

「そうやねん。気がついてくれたんや。それでも、やっぱり手話通訳の方

から言うと、スピードは速かったと思うわ。」とおっしゃっていました。

いつも、深いところで、物事を考えていらっしゃる方で、尊敬する人の

お一人です。久しぶりにお会いしても、いつものように元気をもらいました。

菊花展

秋が深まり、街のあちこちで「芸術の秋」を感じます。

高槻市も、10月15日から11月7日までを「高槻市文化祭」として、

多くの団体の方々が、作品展示や講演会等を実施しています。

23日からは、「菊花展」が開催されています。

高槻市庁舎の南側通路に並んだ菊は、美しく、丹念に育てられ、

デビューしていることがよくわかります。

秋の「菊」と言えば、私くらいの世代は、ひらかたパークの菊人形が

代表的な「菊」との想い出かもしれません。

こどもの頃、リアルすぎる時代劇の主人公マネキンに、菊の着物が

印象的で、展示会場に入ったとたん、菊の香りが漂っていました。

おとなになってから、小さなこどもを連れて行ったときには、不評で

すぐに出てきましたが、、、。

秋の楽しみは、これからです。

ちょっと、寄り道して、小さな幸せを体験してみてはいかがですか?

あせる~(@_@;)

タイの洪水、トルコの大地震と自然災害が猛威をふるっています。

ただ、東日本で起こっていることと同様に、自然災害が引き金と

なって起こる、避難されている人たちが、その後どのように、

生きていくかという苦難が始まります。

先日、東北支援をされているNPOの方の研修に参加し、

ワークショップを体験して、改めて、「今」自然災害が自分の

身にふりかかったら、即座に何をするのか?ということを考えました。

たとえば、48時間内にどう行動するのか?新しい避難所で自分はどんな

役割をもって、コミュニケーションをはかり、コミュニティを創っていくのか?

などです。こんな「防災訓練」を私たちは、経験していません。

阪神淡路大震災と東日本大震災を経験した私たちが、「防災」を基本から

考え直さないと、本当の防災はできないところまできています。

さて、今日は、午後から会派での会議を終えて、事務所に帰ってきました。

事務作業が思うように、進まず、もっとテンポよくしないと、活動報告ニュース

の発行に間に合わなくなります。明日は、集中して完成させたいです。

企業研修

先週の後半は、人とお会いすることが多く、いろいろと

考える機会をいただきました。

金曜日の午後は、企業の方々の研修に参加しました。

地域における「市民活動」のひとつとして、メディア・リテラシー

の活動報告もしました。

この他、青少年施設、障がい者通所施設も見学されました。

活発な質問もあり、本当に積極的に研修を実践をされていたこと

が印象的でした。

民主党第10総支部大会

22日の早朝は激しい雨が降っていましたね。

夜中の大阪府議会がとても気になっていたせいか、全然

眠れずに、早朝のニュースをチェックしていました。

完全な寝不足状態となって、「園芸フェアー」の開会式に

出席しました。

9時からの開会でしたので、すっかり雨はあがって、青空が

広がっていました。

高槻市職員の方々も協力したという「モデル庭園」を見ながら、

素敵なセンスに「イマドキ」を感じました。

午後は、城南中学校区のスマイルフェスタの見学に行きました。

ステージプログラムに、展示、出店と盛りだくさんで、午前中は

授業公開ということもあってか、生徒やこども、地域のみなさんで

ごった返すくらいの人出でした。

夕方からは、民主党の島本・高槻の総支部大会が開かれ、

新総支部長に辻元清美衆議院議員が選出され、新たな

体制で出発することを確認しました。

第二部では、国会報告として、現在の東日本の状況と政府の役割、

震災支援で、私たちが何ができるかということをテーマに、辻元議員が

お話下さいました。日常から、地域で支えあう関係性やしくみが大切

であることを、確認しました。

エコ駅

21日の午前中は、労働組合の定期大会に出席

させていただきました。

会場が、阪急摂津市駅前でした。摂津市駅は、新しい駅で

最新のエコ設備を重要視した駅です。

駅の創設とともに、駅前の整備もすすみ、約500戸クラスの

高層マンションが建ち並んでいきます。

駅を中心にまちづくりが行われることは、人々の生活が衣食住を

基本とする中に、「交通アクセス」=移動の自由ということが、

「住」の権利の中に、はいっています。

自動車を持つことがステイタスだった高度成長期やバブルの

時代を経て、現在は、より環境にやさしい、または、「公共」の

交通機関に期待が寄せられています。

そのためには、まだまだ、「公共」の整備と社会における、お互いの

規範意識が大事ですね。