台風15号

今日は、激しい雨と風で市内の学校は、休校となりました。

朝の市役所は、その影響からか、市民の方々の姿もちらほらといった

感じでした。

芥川や如是川も水の量が増し、数年前に市内のあちこちが冠水したときの

ことを思い出し、心配でした。

名古屋や関東、東北と日本列島をなめるように進む、台風15号は、

各地で爪痕を残しています。

夕方になってから、名古屋に行っている弟のことが心配だと、妹から連絡が

入り、それぞれにメールや電話をしても返事がありませんでした。

おそらく、仕事をしているために連絡がとれないのだろうと、楽観的に考えて

いたら、夜になってから、「大丈夫だ。」という電話が入りました。

3.11以来、本当に日本各地で、自然災害で大変なことになっています。

復旧・復興のために、積み上げてきた努力が、また、台風による土砂崩れなどで

被害者を出してしまっています。

これまでの「防災」では、考えられないようなことが、起きています。

高槻市でも、「地域防災計画」の見直しを重要視していますが、早急な

対応が必要だと、つくづく感じます。