9月2011

なんだか、すっきりしない?!

SMAPの北京コンサート成功が、ニュースのトップで伝えられるのは、

どういう意味を持つのでしょうか?

「政治利用されている」という見方や「民間交流で日中関係を良くする」と

いう報道もあります。

歌手のようなアーティストは、政治や思想信条を表に出さないように日本では

報道されますが、本来、個性のひかった人たちなので、強烈な信条もあることは

確かだと思います。「メディア」そのものだから、影響力が多大にあるのは当然な

ことだと思います。

アメリカでは、マドンナやマイケル・ジャクソンが人種差別や社会問題を表現し、

現在では、レディーガガが、社会問題を歌っています。

私たちは、エンターテイメントの範疇で政治を表に出すのは、嫌いながら、

その構成から、どんな意味を持っているかも読み解いています。

「バラエティ」や「音楽番組」では、そこを「曖昧に」することを好み、ニュース報道では、

政治の「善し悪し」や「めちゃくちゃでも、はっきり言う人」が好まれて放送されている

のです。現実の問題とは、かけ離れていたとしても、「見てもらえる人」が多ければ

良いのでしょう?!

私は、こんなことを考えながら「メディア・リテラシー」を楽しんでいますし、真剣に考えて

います。「なんだか、すっきりしない」ことが、多すぎるからです。

人の都 大阪市

土曜日は、午後や夕方にどしゃぶりの雨で、大変でしたね。

私は、金曜日の夜に兵庫県の南あわじ市(南あわじ市人権教育研究協議会主催)

での研修でしたので、淡路島で一泊しました。

ですので、朝7時の高速バスに乗って三ノ宮まで戻り、摂津富田には、9時30分に

着きました。10時からの、社会福祉法人つながりの事業報告会にギリギリ出席することが

できました。予定終了時間は、午後1時ですが、各事業所でのプレゼンと質疑で、

時間が延長し、終了したのは、午後2時でした。

お昼も食べずに、熱心にお話して下さった職員のみなさん、お疲れ様でした。

ありがとうございます。

その後、夕方からは、大阪府人権教育研究協議会の「歴代会」が、大阪なんば

で開催されましたので、出席しました。

中学時代の恩師も参加されていましたので、懐かしさで胸がいっぱいになりました。

終了後、地下鉄に乗っていると、大阪市の吊り広告が気になりました。

大阪市の資源は、人だから。人の都 大阪市

なかなか、このキャンペーン「キュン」とくるんんですよね~。是非、チェックしてみて下さい。

組合大会

昨日は、朝から労働組合の定期大会に出席させてもらいました。

代議員のみなさんも熱心で、欠席者は1名だけです。

組合代表である委員長のお話や、関係団体の来賓の方々の

お話を聴いていますと、本当に働く人たちにとって、厳しい現実が

なかなか払しょくされない状況が続いていることを、再認識致しました。

その中にあって、「組合が増えた、若者が執行委員を希望し、選挙で

選出していった。」など、嬉しいお話もありました。

「働く者の権利と責任」が希薄になってきた今日。組合の重要性を感じた

大会でした。

あぜみち ジャンピンッ!

本日は、久しぶりに事務所で、ミーティングとデスクワークをしました。

事務所には、毎日、どなたかがいらして下さり、今日も、数人の方が

いらっしゃいました。

その中のお一人で、知的障がい者育成会の方が、この17日のみに上映

される「あぜみちジャンピンッ!」のチラシを持ってきてくれました。

「耳の不自由な中学生の少女がストリートダンスチームに参加し、仲間と共に大会

を目指す青春ドラマ。脚本の田中智章は高槻で映画を独学。」とあります。

田中智章さんは、高槻第六中学校出身とのことです。この映画は、高槻セレクトシネマ

(高槻センター街)で、9月17日(土)午後5時15分から、一度だけ上映されるとのことで、

映画の前には脚本の田中さんの舞台挨拶もあるようです。

関心のある方は、是非とも「高槻セレクトシネマ」を検索してみてください。

残念ながら、「高槻セレクトシネマ」は、9月末をもって閉館だそうです。(*_*)

文教市民委員会

今日は、文教市民委員会でした。

一般会計補正予算(所管分)について、質問しました。

教育費の中学校営繕事業費についてです。

これは、道路整備について、大阪府が財政難のため整備が困難で

あるため、高槻市が中学校の敷地を一部道路用地にして、歩道整備

を行うための実施設計を行うための予算です。

本来ならば、「府道」なので、大阪府が計画的に実施していかなければ

ならないことを、高槻市が努力に努力を重ねて、整備していこうという

のです。

感情としては、すっきりしませんが、大阪府の動向を待っていては、

10年たっても前に進みそうにありません。

現場の人々は、市民の生活保障という意味では、汗をかいて下さって

います。メディアがワルノリして「公務員バッシング」をすれば、世間に

ウケルと思っているのかもしれませんが、多くの公務員のみなさんは、

本当に一生懸命働いています。この時代において、ワークライフバランス

が叫ばれる今の社会においても、「サービス残業」もザラな部署もあります。

心と体のバランスを崩さず、仕事ができる仕組みこそを考えていかないと

本当にダメだと思います。

W委員会傍聴

本日は、福祉企業委員会と建環産業委員会が午前10時から開かれました。

私は、建環産業委員会を傍聴しました。議案は、公園条例中一部改正についてや、

高槻市道路線の認定及び廃止について、一般会計補正予算(所管分)等でした。

11時からは、委員会協議会が引き続き行われましたので、この時点から、

福祉企業委員会の傍聴をしました。

もちろん議案は、順次すすんでいて、「生活保護年金調査員」についての質疑に対し

答弁がされていました。

福祉企業委員会は白熱し、お昼休憩をはさんで、午後1時から再開し、午後2時に

終りました。

明日は、総務消防委員会と、私が所属する文教市民委員会が開かれます。

(今回もしっかりと質問します~!)

午後3時すぎからは、活動報告ニュースを配布するために、外回りをし、

午後6時からは、事務所での会議に出席しました。

今日も暑かったので、「秋」の気温が恋しいです。

中秋の名月

今晩は、「中秋の名月」を楽しみました。

と言っても、夕方、事務所で月見団子をいただき、夜には、自宅窓から、

月を眺めただけですが、、、、。

名月は少しぼやけていますね。昨夜の方が、美しかった気もします、、、。

毎晩、月を眺めているわけではありませんが、9月は、自分自身の誕生月なので、

特別な思いがあるのかもしれません。

ムーンシャワーを浴びて、気持ちがピュアになり、パワーアップできれば、いいですねー。

残暑?!

昨日の日曜日も暑かったけど、今日も同じくらい暑かったですね。(+_+)

昨日は、自転車で移動していたので、街中で知り合いにお会いして、

お話していると、半袖から出た腕を触って、「汗びっしょりやな~。あんまり

無理せんときや~」と気遣いのお言葉をいただきました。

日曜日ということもあって、かなりラフなスタイルで活動していたので、知り合い

に会うたびにおしゃべりに花が咲きました。

9月定例会の最中ですので、デスクワークも山のようにありますが、外に出て

の活動も大切です。

これからが、9月定例会の「ヤマ」ですので、体調管理をして、完璧な状態で

のぞみます。

モップと箒(ほうき)

今日は、9.11から10年で、3.11から半年です。

昨日、朝から民主党第10区総支部の幹事会が開かれ、

辻元清美議員が挨拶にかけつけられました。

その後、辻元議員は、民主党大阪府連に入党手続きに向かわれ、

午後イチで、高槻で記者会見されました。

第10区(高槻市・島本町)では、新たに総支部長を迎えることに

なります。

私は、幹事会終了後、所属組織の執行委員会に出席し、

組織の改革をすすめる「あり方作業部会」に引き続き参加しました。

午後は、組合の定期大会のご挨拶に伺い、夕方からは、大阪市内の

九条シネヌーヴォに行きました。

「モップと箒(ほうき)」という映画を観るためです。

映画の説明には、次のような文章が書かれてありました。

「障がい者雇用の場は広がりつつあるといわれている。しかし、働きたいのに

働けない障がい者はまだ数多く存在する。発足12年のエル・チャレンジは

清掃業務に特化させて、知的障がい者を中心に400人近くも就職させてきた。

エル・チャレンジに関わった知的障がい者と支援者の姿を一年半に亘り密着

取材した本作品。

そこには、障がい者雇用の固いイメージはなく、人と人とのつながりの中に

ぬくもりがあった。

社会の中で働くことの意味を今一度 問いかけたい!」

どんな、作品でも、観た人それぞれの感じ方があると思うが、私は、

そこにきれいごとではない、「人間」を観た気がしました。

是非、みなさんにも観てもらいたいと思います。

10分前着席

9月9日金曜日は、9月定例会の本会議第2日でした。

今定例会は、署名議員に選ばれています。定例会終了後の議事録の署名を

する議員が二人必要で、その一人です。

そのため、絶対、議場で席を離れてはいけません。もちろん、このまで、席を離れたことは、

一度もありませんので、そんな心配は、無用です。しかし、席に着くのも、他の議員より

少し早く着いていないと、時間きっちりの開会のベルが鳴らせないということです。

これも、5分前着席を常にしていましたが、この間は、10分前に着席しています。

先輩議員にお尋ねすると、「新人議員のときは、だいたい10分前には、着席していた。」

とおっしゃっていました。「あ・うんルール」がまだまだあるようです。