9月2011

免許更新

本日は、午前中に運転免許の更新手続きのために、高槻警察署に行きました。

私の更新手続きの期限は、10月6日までですので、結構ギリギリでした。

安全協会で書類を作成してから、警察署に行き、申請書の提出と視力検査を

終えて、また、安全協会で30分のビデオ講習を受けました。

5年ぶりのビデオでしたが、かつての事故の悲惨さを連続して見せるものでは

なく、むしろ、交通事故のデータと事故直後の運転席からの映像、そして、交通

事故で20歳で亡くなったこどもを悲しむ両親のメッセージ、高齢者ドライバーの特徴などで

構成されていました。

確かタイトルも、「心の交通安全」だったような気がします。心理的なアプローチで

講習するようなものでした。

日本は、年々交通事故が減っているということですが、運転台数の表示はなかったので、

若い人が、車に乗らない、(経済的に余裕がなく)乗れないとも言われていることとも、

関係しているのではないかとも、思いました。

このこととも、多少なりとも関係しますが、都市部中心は、なるべく公共交通や

自転車によるまちづくりを考えようというグループが、10月2日(日)午後1時30分より

西武百貨店6階多目的ホールにてシンポジウムを開催します。

なかなか、興味深いテーマや発表もありますので、チェックしてくださいね。

高槻ええとこクイズラリー

28日は、9月定例会の最終日でした。

本会議で、一般質問は18人が発言するので、28日は9人の議員が

質問されました。

発言内容の共通点は、やはり防災、放射能汚染による食品安全、

災害がれきの受け入れに関することなど、喫緊課題が質問が多くだされました。

高槻市も、すぐに改善できることと、すぐにできずに「調査・研究」するということも

多くあります。ひとつ、ひとつ取り組んでいかなければなりませんが、時間がかかり

ます。そのための、情報収集と公開、市民が参画していくことは、とても重要です。

quiz201011

話は、少し変わりますが、高槻市民の方(他市の方も歓迎です!)が、自分のまちの

「ええとこ」を発見してもらう、または、新たな角度から再発見してもらうために、

高槻ええとこクイズラリーという、一押しのイベントが10月から開催されます。

今回は、私のフィールドである「富田」が舞台です。

関心のあるかたは、是非ともご参加くださいね~❤

デビュー!

27日は、本会議の一般質問デビューでした。

初めての質問は、「こどもの権利」についてです。

私は、こどもたちと長い間、活動をともにししてきた経験から、

「こどものエンパワメント」は、ライフワークでもあります。

こども自身が権利の主体であるということを、こどもが学んでほしいと

願っていますが、その条件整備は十分ではありません。

「こどもの権利」そのものをこども自身が、学校や地域、家庭で

学べるようにすることが、重要だと思います。

また、議会においても、数年前から「こどもの権利条例」の制定について

議論されていますが、具体的には、なかなか進んでいません。

人権施策推進プランにおいても、2年後には制定すると明記されて

いますが、その実施方法に、こどもやこどもの人権に関係する団体の参画は

考えられていません。

こんな問題意識をもって、いざ!質問をしました。

理念的な質問が中心だったため、回答も、抽象的だったかもしれませんね。

そんな私に、「すみよちゃんが、初デビューするから、傍聴に行くよ。」と、

公私共々お忙しい中、傍聴に来てくださり、気持ちの応援をたくさんいただいた方々には、

本当に、感謝致します。

ありがとうございました。<(_ _)>

これからも、ひとつ、ひとつの機会を大切にして、議員活動を積み上げていきたいと

思っています。よろしくご指導願います。

記念イベント準備

26日は、月曜日とあって、事務所もたくさんのお客様が来られて

賑やかでした。

あっという間に、夜になり、午後7時からは、富田支部の執行委員会に

出席しました。

富田支部は、今年結成50周年を迎えることから、この間の執行委員会では、

その記念イベントにむけての論議を熱心にしています。

この時代になり、支部の歴史を保存するために古い写真をスキャナーで

パソコンにとり込んでもらったものを、今晩は、スライドショーとして観ました。

なかなか、懐かしい感じがありましたが、20歳代と30歳代の執行委員には、

誰の写真かもわからなかったと思います。それでも、もう一度、掘り起こして

もらう道具として、利用してもらうことを期待しています。

記念イベントは、もう少し先ですが、年末にかけても忙しくなりそうです。

9.19集会

野田首相の国連総会デビューやロシアの次期大統領候補がプーチン首相

だとか、パレスチナのことなど、ここ3~4日の動きを見ていると、確実に、

世界が大きく動いているように思います。

9月19日に東京・明治公園で脱原発の集会がありました。

主催者発表は6万人で、警察発表は、2.5万人でした。

TVニュースや新聞記事は、小さかったものの、参加した人たちからは、

「まちがいなく、5万人は参加してたよ。」と聞きました。

友人からもメールをいただいて、福島からの参加者の発言が心を打つ

とのことでした。

どうも知りたい情報が大きく取り上げられずにいるのは、とても残念で

なりません。

「草の根」は、踏まれ踏まれても強くなるのですが、それでも、太陽に

向かって伸びていきたいですね。

日に日に、秋を感じますね。

9月の本会議では、初の一般質問をするために、準備をしているのですが、

なかなか、納得のいく質問文章ができずに、苦労しています。

今回の質問は、「こどもの権利」についてです。

「こども」というだけで、概念が広く、教育や条件整備など、課題も

多いのですが、今回の私の質問は、「基本の基本」のところを確認したいと考えて

います。!(^^)!

元気をもらいました!

23日のチャリティーバザールは、大盛りあがりでした。

私は、午後から参加したのですが、会場のマイドームは、熱気ムンムンで、餅つきやコンサート、

各団体の出店ブース前は、人が行き来するのも大変なくらいでした。

民主党大阪府連・男女共同参画委員会のメンバーのみなさんは、

元気いっぱいに東北からの物産(ポンがし・せんべい汁等)をどんどん

販売し、予定時間よりも早く、売り切りました。

会場内の品物を見ていると、「ずんだ豆味豆乳」を数本持って売っている人が

いて、思わず3本!買ってしまいました。

日本郵政グループ労働組合のブースでは、メッセージを葉書に書くと、東北のこどもや

地域のおとなへ届けてくださいます。

参加者のみなさんは、「元気の出るメッセージ」を書かれていました。

私も、こどもたちに届けたい思いを書きました。

本当に、このイベントのネーミングどおり、「大阪から元気をとどけよう!」で、ここに

参加することで、人の思いとパワーを感じました。

一緒に頑張っていきましょう!!

大阪から元気を届けよう!

9月23日は、「9.23大阪から元気を届けようチャリティバザール」が、開催します。

 『3月11日の東日本大震災で東北地方は大きな被害を受け、今も多くの方が避難生活

  を送っています。

  東北地方の復興のため、被災地でがんばる人たちに、そして大阪で避難生活を送る

  人たちに大阪の元気を届けよう!』

☆東北と大阪の郷土料理~東北コーナー~

  大阪へ避難されている方々の手作りの芋煮とつきたてのお餅を食べましょう!

★ずんだ餅

  東北地方で作られる、枝豆をすりつぶして甘く味付けした枝豆のあんこのお餅です。

★会場でお餅つきをします!

★芋煮

山形県の「日本一の芋煮会」が有名な、東北地方の秋の味覚。今回は豚肉と味噌

で南東北版を作ります!

☆キッズコーナー~おもちゃの物々交換「かえっこバザール」

 かえっこバザールは、いらなくなったおもちゃをカエルポイントと交換して、

 集ったカエルポイントと他のおもちゃを交換できるバザーです。

 遊ばなくなったおもちゃを持ってきてください!

1.遊ばなくなったおもちゃを家から持ってくる。

2.おもちゃと交換で「カエルポイント」をもらう。

3.カエルポイントを使って他のおもちゃと交換する。

4.お手伝いやおもちつきに参加してもカエルポイントがもらえるよ!

日時:9月23日(金・祝)10:00~15:00

会場:マイドーム大阪 1F

内容:
 ○東北地方の物産品販売
 ○大阪の物産品販売
 ○東北と大阪の郷土料理を実演販売
 ○大阪(関西)に避難して来られた方々の交流の場
 ○キッズコーナー
 ○コンサート

主催:大阪から元気を届けよう実行委員会
(大阪労働者福祉協議会・連合大阪・大阪府社会福祉協議会・大阪市社会福祉協議会・

 堺市社会福祉協議会・NPOふるさと回帰支援センター・その他、賛同団体)

後援:大阪府・大阪市・堺市・関西経済連合会・大阪商工会議所・近畿労金大阪地区統括本部・

    全労済大阪府本部

 

三連休の初日ですが、是非とも参加してください。私も出店のお手伝いで、参加しま~す。

台風15号

今日は、激しい雨と風で市内の学校は、休校となりました。

朝の市役所は、その影響からか、市民の方々の姿もちらほらといった

感じでした。

芥川や如是川も水の量が増し、数年前に市内のあちこちが冠水したときの

ことを思い出し、心配でした。

名古屋や関東、東北と日本列島をなめるように進む、台風15号は、

各地で爪痕を残しています。

夕方になってから、名古屋に行っている弟のことが心配だと、妹から連絡が

入り、それぞれにメールや電話をしても返事がありませんでした。

おそらく、仕事をしているために連絡がとれないのだろうと、楽観的に考えて

いたら、夜になってから、「大丈夫だ。」という電話が入りました。

3.11以来、本当に日本各地で、自然災害で大変なことになっています。

復旧・復興のために、積み上げてきた努力が、また、台風による土砂崩れなどで

被害者を出してしまっています。

これまでの「防災」では、考えられないようなことが、起きています。

高槻市でも、「地域防災計画」の見直しを重要視していますが、早急な

対応が必要だと、つくづく感じます。

四苦八苦

民主・元気ネット会派代表のお母様が、お亡くなりになったので、

今晩、お通夜に参列させていただきました。

丁寧な読経の後に、お坊様から、お話がありました。

お釈迦様が唱えた、「四苦八苦」についてです。

四苦とは、生きること。老ること。病気になること。そして、死ぬこと。

いわゆる、「生老病死」が基本で、それに加えて、

愛別離苦(あいべつりく) とは、 愛する者との別れる苦しみで、

怨憎会苦(おんぞうえく) とは、憎んでいる者に会う苦しみで、

求不得苦(ぐふとくく) とは、求める物が得られない苦しみで、

五蘊盛苦(ごうんじょうく)とは、健康がゆえに起こる精神的な苦しみ

の四つを加えて、八苦というとおっしゃっていました。

お母様を亡くされた、ご家族は、本当に寂しくなられますが、人が必ず

通る道だと考えると、重いことです。