音楽祭

本日は、午前10時から、史跡整備等特別委員会を傍聴しました。

案件は、安満遺跡の上面利用についてです。

行政案としては、三案(スポーツ、芸術、自然)が説明されましたが、

それぞれの予算規模の提示がなかったことや、外部検討委員会

の設置を急ぐことや、市民のみなさんから、広く意見を募っていくことが

重要であること、防災機能の詳細説明等、委員より質問と要望がだされました。

9月定例会に、提案されます。

午後からは、平和展の二日目、「音楽祭」を鑑賞しました。

日ごろからの練習の成果が発揮され、どのグループも素敵な歌声

を響かせてくれました。

濱田市長や久保市議会議長、藪人権まちづくり協会代表理事も舞台に登壇され、

「ふるさと」を合唱。

会場は、多くの拍手とフラッシュの嵐でした。

どのグループも、会場と一緒に歌える曲を選択し、おおいに

盛り上げてくれました。心が、熱くなり、感動しました。

午後から、凄まじい雨が降ったり、やんだりしていましたが、

夕方から、大阪での会議に出席するために、出かけました。

会議が終わり、午後9時ごろの電車に乗っていると、お酒に

酔った高齢の男性が、座席の横の若い男性に怒りの言葉を

投げかけます。

高齢の男性:兄ちゃん、電車の中で電話はアカン言うてるやろ!!

すると、若い男性は、電話で話しながら、荷物を持って、座席を立ちました。

高齢の男性:電話かけてたら、やってもうたんどー

と暴力的な言葉と、動作で威嚇します。

車内は、ピリッとした雰囲気になりましたが、多くの人は「無視」。

そのため、結構混んでいた車内は、その男性の両側だけぽっかりと

空いて、誰も座らないことをいいことに、高齢の男性は、大股を開いて

よけいに、誰も座らせないようにしていました。

「おっちゃんの言っていることは、その通りやけど、お兄ちゃんにも事情があった

みたいやで。『やったんどー』は、迫力ありすぎやんな~。言うた後、私も座れる

ように、おっちゃんもちょっと、そっちに寄ってな。ありがとう。」

こんな風に、言えたらよかったかな?!.