パッチギ!(壁を超える・突き抜ける)

今日は、平和展に行きました。

高槻市生涯学習センターの一階では、戦地に行った青年が家族に送った、葉書が

展示されていました。

中国の旧満州から、送られてきたもので、軍の検閲済みのものです。

きっと、この葉書を書いているときは、家族のことを深く考えて、思いを

つのらせていたことは、容易に想像できました。

他には、市内の小学校の広島修学旅行の報告DVDの上映や、広島で

被ばくされた方々の写真展や活動報告、戦時中の食である、すいとん試食

や折り鶴コーナーや工作コーナー、学童保育作品などが展示されていました。

午後2時からは、井筒和幸監督のトークショーでした。終了予定時間は、3時半

でしたが、30分オーバーの熱弁でした。

御自身のお父さんと母親(井筒監督の祖母)との出兵のときの会話、、、やりとり

の話が、とても印象的でした。

父:「ほな、行ってくるわ」

祖母:「早よ、帰っておいでや。」

このやりとりが、日常生活の中の「反戦」を語っているというのです。

明日は、平和展の第2日目です。午後から、音楽祭もありますので、

まだの方は、お暑い中ですが、是非とも参加してみてください。

.

平和展

3日も、本当に暑かったですね。

午後から、外に出ていたのですが、クラクラする感じでした。

毎日、事務所に郵便を届けてくださる配達員の方をはじめ、

暑さ、寒さに関係なく、外で働いていらっしゃる方々は、本当に

過酷な中、お疲れさまです。

4日・5日は、高槻市生涯学習センターが会場の「平和展」が

開催されます。

今年は、映画「パッチギ」の井筒和幸監督を招いてのトークショーも

実施されます。(4日午後2時より)

一度も、参加されたことのない方は、是非とも、参加してみて下さい。

「平和」の尊さを再確認できるのでは、ないでしょうか。

平成23年度 平和展ポスター.