人権施策推進審議会

22日は、朝10時から、人権施策推進審議会が開催され、新委員として

出席しました。

昨年度に実施した事業の評価と今年度実施予定事業について、

担当課から説明がありました。

委員の方々からは、活発な意見や質問が出されました。

主な意見としては、評価指標は、各課(事業主体)によって違うため、

その指標自身に妥当性があるのかということと、そもそも、この審議会

に求めていることは何なのか、ということでした。

しかも、約130事業にも及ぶ内容を、細やかに審議するのには、

時間がないということも出されました。

私は、子どもの権利条例の制定に関心があり、意見を述べました。

この件については、他の委員もすでに発言されていたり、研究者の委員

からも意見が出て、「議員立法としてでも、制定していってほしい」との

要望がありました。

次回の審議会では、他市ですでに制定されているのであれば、その条例

を参考資料として、出してほしいとの意見もありました。

私は、「こども自身が、こどもの権利を学べる権利を獲得する」ということが、

重要だと考えています。

是非とも、その条件づくりにこどもが真ん中で、進めていきたいものです。

午後からは、レクチャーが一件あり、夜は、地元の団体の総会に

出席させていただきました。今日も、忙しい一日でした。.