あの人たちは、、、

今晩は、久しぶりに見たいテレビ番組がありました。

「情熱大陸」で、絵本作家の長谷川義史さんが出るからです。

長谷川さんは、超売れっ子絵本作家ですが、本当に気さくで魅力的な方です。

何度かお会いしたことがあって、とても身近に感じる方なので、テレビに出て、

どんなメッセージを語るのか、期待して観ました。

テーマは、「子どもGO」。今回の大震災で「おとなは何をするのか。」ということと

対比して、こどもたちが未来と希望だというメッセージだったように思いました。

番組中、広島の原爆の絵本を作る過程で、「本当にあの人たちは、、」というフレーズ

を長谷川さんがつぶやき、静かに怒っていました。それは、政治家のことをさしている

ものだと理解できる「構成」でした。

長谷川さんは、6月19日に石巻の小学校に行き、こどもたちのために

作った、一冊だけの絵本を開き読みをしていました。数年ぶりの再会だったようです。

彼のHPから、引用させてもらって紹介したいと思います。

 :::::::::::::::::::::::::: ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

思いもよらない恐ろしい震災がおこりました。追い打ちをかけるように福島原発の痛ましい事故。

人間は間違いを犯してしまう地球上唯一の動物です。でもまた、それに気付いたとき

ひとつひとつもとどおりにしていく知恵もあるはず。

原発は要らないし、森を絶やさず、あらゆる生き物と共存し、ゴミを少なくしたい。

健やかに幸せでありたい。

そうして、わたしたちは、どんなことをしてでも未来を生きる子どもたちに

『美しい地球』を残してあげたい。

残さなければならない。

それが、こんな地球にしてしまった大人たちの役割です。

この気持ちに賛同していただけるアーティストの方たちと

Tシャツを創って多くの人たちにこのメッセージを伝えていければ。。。

そんな想いではじめました。

あたたかい方たちのご協力をお待ちしています。

BEC-Tプロジェクト.

定期大会

25日は、午後1時から、民主党大阪府総支部連合会の定期大会でした。

午後1時開会だったのですが、電車のダイヤが遅れていたため、

午後1時過ぎに、会場に入りました。

すでに、司会者の挨拶が始まっていました。急いで、着席し主催者、来賓の

ご挨拶を聴いていました。

その後、2010年度の活動報告が提案され、統一自治体選挙についての

総括も提案された後、質疑応答となります。

辛辣な意見を述べる代議員もいましたが、そこは、組織内での議論なので、

当然だと思いました。統一自治体選挙の惨敗の責任をとるという形で、

府連代表を辞任した、樽床議員に対して、大会の場で説明がないとして、

意見を求める代議員もいました。本部答弁を、梅村幹事長代理が行いましたが、

樽床議員自らも、答弁がありました。

私を含め、今期初当選した議員の紹介があり、財務員会報告の後、10分休憩を

はさみ、後半は、今年度方針の提案と被災地視察の報告、質疑、採択、役員の選出です。

活発な意見があったので、予定終了時間を30分を超え、最後に、

平野新代表より、挨拶がありました。

この定期大会を通じて、違和感を感じた点が、いくつかありますが、

自分のブログで、野党的に無責任なことを書き込むことは、組織の一員として

ルール違反だと思いますので、組織内で議論したときには、ご報告したいと思います。.