重たい気持ち

今日は、本当に暑い一日でしたね。

私も、朝からバタバタしていました。

数人の方からの御相談と、情報交換などで、市内をグルグルと

動いていました。

天気も、曇ってきては、一時雨になったりして、不快指数はとても

高かったように思います。

議員の仕事は、本会議での活動はモチロンですが、それ以外の調査・研究・調整など

あまり表に出ていないことも多くあります。

私は、現在、「青年のひきこもり」に焦点をあてて考えています。

実際にそういったケースの支援にも関わっていますが、当事者の苦しみが、他者には

なかなか理解してもらえないという課題もあります。

「偏見」や「誤解」、「認識不足」といったことが、家族内にもあったりします。

感情と頭脳と身体が、コンガラガッテしまった当事者に、安心して解きほぐしていく場と

自分と他者に対して、信頼と自信を取り戻していくことが、重要だと思います。

一人ひとり、違う人間なので、解決策も千差万別ですが、いくつかの選択肢を持って、

提案していけるシステムや体制が本当に必要だと感じます。

私自身が、そのお役に立てればとも思います。.

ご冥福をお祈りします。

火曜日は、朝からお葬式に参列しました。

喪主の長男が、まだ50代の若さで亡くなってしまった父親のことを

「家族が本当に大好きな父でした」と語り、「母親のことを弟としっかりと支えていきます。」

という言葉に、私を含め、参列者は深く悲しみ、涙しました。

「人間の死」を、とても身近に感じる年齢になってきたとも言えます。

午後は、事務所でデスクワークで、夜は、富田富寿栄連合自治会役員会に

出席させていただきました。

今年度、新しく自治会長になられた方は、女性も多く、積極的な

参加で、とても期待できます。

地域自治のために、ボランティア精神で関わっておられる方々には、

本当に感謝します。自治会もこれからが、本格的なイベントもあるので、

忙しくなりますが、楽しみながらできれば、本当に良いですよね~!!.