チャレンジキャンプ

今日も、午前は事務所、午後から議員控室でデスクワーク&打ち合わせをしていました。

午前中の話題は、「夏季チャレンジ推進事業」のことで、8月に福井県若狭町で行われる

チャレンジキャンプについてでした。

事務所スタッフから、「今年は、募集していませんね。やるんでしょうか?」と質問されたので、

早速、富田青少年交流センターに行って、お尋ねしました。

すると、「6月10日の広報たかつきに募集が載ります。10日から、電子と往復はがき

での申し込みが始まります。」と丁寧に教えてくれました。

事務所に戻って、スタッフに伝えると「そうですか。10日の広報に載るんですね。」と一安心。

というのも、別の人物からも、このことを尋ねられていて、(その人の)こどもが持って帰ってきた

チラシは、実施場所は、若狭と書いてあるけど、実施日程や参加費が違うというものでした。

その人にも、連絡し、こどもが持って帰ってきたものとは違うものだということで、ご理解いただきました。

長い夏休みに、こどもに様々な体験をしてほしいと願うのは、保護者の思いでしょう。

当のこども自身が、初めての場所、初めての人間関係、初めての挑戦や体験、それに

伴う、不便さや辛さも経験し、成長していってほしいと願います。.

歯に衣着せぬ、、、

7日は、事務所で事務作業の後、夕方、市役所の議員控室に

行って、打ち合わせをしました。

その後、自宅に戻ってから、夜は、久しぶりに友人たちと会いました。

友人たちとは、楽しくおしゃべりし、気がつくと、4時間も一緒にいました。

友人たちとは、本当に長い付き合いなので、気を遣う関係になく、、

話の内容も濃くて、鋭くついてきます。

昨日今日、やっと市議会議員になれた友だちを前に、「いつまで(議員を)やるん?」

「いつも、どこで仕事してるん?」と、歯に衣着せぬ質問してきます。

また、友人たちの「なま」の生活の話も、どんどんでてきます。

私は、高槻市議会の場所を説明したり、今の活動を話したりしました。

議会活動以外にも、自分自身のエンパワメントのために、以前にも

増して、様々な場所に行くことが多いのですが、

自分が立っているところはどこか?

何のためにしているのか?

これから、どの方向にいこうとしているのか?

そんな、「素」の私を、取り戻してくれる時間でした。.