今日のこと

今日は、朝から会派会議でした。

会議終了後の正午には、民主党代議士会のニュース報道があり、テレビに

くぎ付けになりました。

代議士会での、菅首相挨拶から、鳩山元首相の発言、原口議員の発言と続き、

その後の発言者は、カットされました。

菅首相の挨拶の途中で、「菅首相 退陣の意向」とテロップが出て、緊急速報と

しても画面上に表示されました。

しかし、その後、すぐに起こった新潟での地震情報は、速報化されないままでした。

メディアのニュースの優先順位は、どうなっているのでしょうか?

午後は、事務所に戻り、国会中継を「ワンセグ」でチェックすると、「内閣不信任案否決!」

のテロップが浮かびあがりました。

メディアは、「こんなことしている事態ではない」という市民の発言と被災者の心情を「構成」し

映像化する一方で、国会議員の攻防を映し出すことで、「ジャーナリズム」の体裁を整えて

いるつもりかもしれません。

しかし、私や私たちが知りたい情報とは、何でしょうか?

福島原発で放射能汚染で苦しむ人の救済はどうなっているのか?

各地の復興状況は?

関西からの長期的な支援の方策とは?

あげればきりがありません。

リーダーがしっかりしていないという批判は、重く受け止めたとしても、

一歩でも、前に進め続けていくことが、最重要課題ではないのでしょうか。.