5月2011

ザ・バス

土曜日の午前は、研究会に出席させていただきました。

「交通まちづくり」を研究している専門家のみなさん方は、

熱心に討論されていて、お話を聞かせていただいているだけ

でしたが、とても、刺激的でした。

夕方は、私用で出かけたのですが、ハワイアンバーガーショップ

で食事をとりました。

このときに、初めてハワイ旅行に行ったときのことを、

思い出しました。バスを利用して「島内一周」をしたのです。

ガイドブックと地元のフリーペーパー、時刻表を持って、チャレンジしたのですが、

オプショナルツアーにお金をかけないためでした。

バスの料金は、安くても、日本的時間どおりには、決していきません。

時刻表は、「おおまかな時間」で、一時間半に一本しかバスが来ない

のに、午後5時が最終便という場所もありました。

反対に、ワイキキのあたりは、夜中12時近くまでバスが走っています。

それも、次から次にバスがきて、あちこちに行きます。

なので、乗換をしながら目的地に向かうのですが、乗換のためのチケット

がうまく使えなかったり、乗換の場所で、長い時間待ったり、停留所がわからず、

目的地の随分と早めの場所で下りたりと、「観光旅行」だからこそ、そういったこと

もまるごと楽しめたのかもしれません。

海外での「公共交通」の利用は、この経験以外でもありますが、それぞれに違った感覚の

記憶が蘇りました。.

お引っ越し

今日は、朝から議員控室のお引っ越しでした。

会派の人数によって、控室の広さも変わるので、私が所属している

「民主・元気ネット」は、一名増えたことで、現在の控室から広い控室へ

移動しました。

先輩議員のみなさんは、多くの資料とともに移動されるので、大変ですが、

新人である私たちは、机やロッカー等は、何も入っていないため、

これからが、筆記道具や細かなものをそろえていかなくてはなりません。

100円ショップに行って、筆記道具ではなく、周辺の可愛いグッズを

とりあえず買いました。

来週から、臨時会が開催されますので、週末はこれまでの議事録を

チェックして予習(?!)復習をしておかなくてはなりません。

いよいよ本会議です。

緊張感が高まってきましたが、自分自身の活動を本格的に

スタートしていく大事な時期なので、しっかりと頑張ります。.

深呼吸

教育関係者の方々とお話していると、「生き辛い」こども・若者・

保護者が多い実態に、本当に苦労している様子がうかがえます。

「生き辛い」内容は、個別ばらばらでもありますが、それは、一時的

なものではなくて、生育環境や条件が、長期にわたって要因と

なっていることもあります。

働く人々にとっても、「メンタルヘルス」は、重大な問題となっていますが、

年齢を重ねるごとに、深刻化しています。

こんなとき、薬も問題解決方法も特効薬はありませんが、じっくり取り組む

ことが大切です。

落ち込んで、消極的な考えが、頭の中をぐるぐるとめぐったら、

まずは、深呼吸をしませんか?

ちょっと違う考えが、浮かぶかもしれませんよ。.

立ち話

今日も、お昼から、市役所人事課と議会事務局で用事を済ませ、

先輩議員が仕事をしている控室をのぞき、事務所に戻りました。

事務所に戻ってからも、打ち合わせ会議を行い、デスクワーク

をしてから出ました。

今週に入ってから、朝も夕方も、徒歩で事務所に来ているため、

近所の方々とよく出会います。

軽く会釈とご挨拶や、当選への労いや期待、近況等、私との関係性

で、立ち話も様々ですが、夕方の立ち話は、かなりハードな内容でした。

地域の中心の十字路で立ち話をしていたため、行き交う知り合いも多く、

話を聴きながら、ご挨拶も同時にするといった状況でした。

でも、これは、私が求めていた「相談のできるまち」のイメージで、

誰もが、お互いに気軽におしゃべりできることは、希薄になった

地域の関係性を紡いでいくことになるのではないかと思うからです。

ただ、元来、おしゃべり好きなので、時間のとりすぎには注意しないと

いけませんがね、、、、。.

議案書

今日は午前中に、法務局へ行ってきました。

市会議員選挙では、立候補手続きの際に、30万円という

高額の供託金を納めなくてはなりません。

その結果により、(当選、もしくは票数によって)選挙後、返還されます。

高槻市選挙管理委員会で、受領書を提出した後、証明書と供託金入金書、

申請書をそろえてから、法務局でようやく手続きができます。

茨木市内にある法務局へ行き、手続きが完了しました。

後は、銀行口座への入金を待つだけです。

お昼前に茨木市から高槻へ戻り、議会事務局や選挙管理委員会、

協働プラザと書類提出や問い合わせなどの用事をすませ、

富田に戻るために、高槻駅に向かっていると、先輩議員から

「議案書が控室に届いています。」との親切で丁寧なご連絡を

いただきました。

早速、控室に行くと、「次の議会は、もっともっと分厚い議案書が届くよ。」

とおっしゃって、5月24日からはじまる臨時会の議案書をいただいて帰りました。

5月24日(火)本会議(第1日目)

5月25日(水)議会運営委員会

5月26日(木)本会議(第2日目)

         常任委員会

         特別委員会

という日程です。まずは、「よく聴く。よく考える。」を基本に臨みます。.

地域のつながり

今日は、午後から事務手続きのために、市の庁舎

に行きました。

月曜日ということもあってか、一階の窓口では、順番を

待つ市民のみなさんが多く、その対応で、職員もバタバタ

した様子でした。

先日、消防士の方から、東日本の災害支援に行かれたお話

を聞いたことを、ふと思い出しました。

高槻市の救援部隊は、岩手県大槌町に行かれたのですが、

行政が全く機能しないまちに入って、近所の生存されて

いる人からの情報だけがたよりだったということでした。

災害時のみではなく、地域のゆるやかなつながりを、今の現状から

創っていくことは、そう容易なことではありませんが、一人ひとりが、

少しづつ問題意識を持つことから始めるしかないのかもしれません。.

沖縄返還の日

5月15日は、「沖縄返還の日」です。

1972年、今から39年前、沖縄はアメリカ占領地から、

日本に戻されるということで、沖縄の人々にとっては

大きく生活が変わった日でした。

私は、この日のことを、小学校の教室で、先生が話され、

朝学活で聞いた記憶があります。

「沖縄から本土に来るのに、パスポートが必要であったけど、

これからは、必要ない。」、「車が、右通行だったのが、日本と

同じく左通行になる。」などの、生活情報しか覚えていませんが、

とにかく沖縄の人にとっては、大変なことだという印象でした。

「沖縄」の基地や平和の問題は、沖縄だけのことではないのですが、

今日、主要メディアはこの日のことを、報道することはありませんでした。

その現場にいる人々の意見や発信できる、「もうひとつのメディア」

「オルタナティブ」の情報が、本当に必要であると強く感じます。.

極楽、ごくらく。

今日は、民主党10区総支部の幹事会に出席し、

その後、大阪での集まりに出席しました。

選挙後、なかなかゆっくりできずにいたので、

今日こそは、「温泉!」と、摂津峡・花の里温泉

に行きました。

スーパー銭湯より、ほんのちょっとだけお高いの

ですが、とにかくお湯がとても良いので、お肌がすべすべに

なります。

土曜日の夜とあって、大勢の人で混んでいましたが、お風呂に

入るだけで、「温泉旅行」気分を味わえて、とても幸せでした。

高槻に住むものとしては、自慢の場所ですね。.

Mother’s Day?!

今日は、午前に1件、午後に2件の打ち合わせを終えて、

少し早めに事務所を出ました。

妹と6年生の甥をつれて、買い物に出かけるためでした。

大型ショッピングセンターでは、妹と甥、私とそれぞれに

分かれて買い物をしたのち、帰るために合流すると、

「いつも、お世話になっているし、ちょっと母の日から遅れたけど。」

と言って、甥がプレゼントを 渡してくれました。

私には、可愛いすぎるポーチですが、そのことはコメントせず、

お礼を言いました。

妹の言葉掛けがあってのことでしょうが、ギャングエイジの

甥からの心遣いが、嬉しかったです。

おとなに反抗的になるこの時期、「自分自身と自分のまわりの人々」の

ことが考えられる気持ちと経験が大切だと、あらためて感じました。.

お疲れ様でした!

今日は、朝9時から東日本大震災の被災地に緊急支援隊と

して出動された、高槻市消防職員の方から、お話を聞く機会を

得ました。

その後、午前10時から、議会関係事項説明会に出席しました。

説明会は、正午に終了しましたので、一旦事務所に戻りました。

夕方からは、「民主・元気ネット」のみなさんが、岡本茂さん

の「送別会」を企画されましたので、その場にも、出席させて

いただきました。

16年にわたって議員活動をされてきた岡本茂さんは、

休みなく走り続けてこられて、かなりのストレスとも向き合って

きたことから、「フリー」になった今を、実感されているようです。

長い間の議員生活、本当にお疲れさまでした。

これからも、よろしくお願い致します。.