3月2011

情報を活かす力を!

5つの政策。

その4-情報を活かす力を!

その5-戦争は最大の人権侵害

 

明日は、4月1日です。

いよいよ新年度とともに、統一自治体選挙が始まります。                             .

こどもたちのための未来づくり!

昨日に続き、5つの政策を紹介します。

その2ーこどもたちの未来づくり!

その3-女性が楽しめる社会を!

.

こどもの力は無限大!

今日は、朝からばたばたと忙しい一日でした。

事務所を出て、家に帰って、晩御飯を食べると、急に睡魔

が襲ってきました。(笑)

今日から、私の大切にしていることを、4コママンガで、紹介します。

5つの政策。

その1ーこどもの力は無限大!

.

私にできること

4月1日は、大阪府議会議員選挙の公示日です。

私自身も、毎日、忙しく活動しています。

大震災が起こった今、「やっぱり、選挙があるんですか。」と

おっしゃる方もいらっしゃいます。

お亡くなりになった方々のお悔やみで、「喪に服す」といった

お気持ちが強いのも、よく理解できます。

反対に、「こんなときだからこそ、行動でしめしてや!」と、

励ましてくださる方もいらっしゃいます。

どちらの意見や気持ちも、その通りだと思います。

「今、私にできること。」

それを、自問自答したら、「自分にできることを、今、精一杯やる。」

ということです。

今日も、早朝から駅頭で、民主党大阪第10区のメンバーと

災害救援カンパのお願いをしました。

直接、被災地でボランティア活動ができなくても、この高槻で、

自分のできること、行動することを追求しようと思います。

メディア・リテラシーを学んでいる私は、「今のメディアを考える」と

いうのも、「私にできること」です。.

パワーアップ!

今日は、懐かしい人とお会いしました。

私は、長年、こどもたちと活動を共にしてきましたが、

数十年前、まだまだ、若かったときに、こどもたちと気持ちが

ぶつかったときに、悩み苦しんでいると、その人は、こころも

身体も、丸ごと、こどもたちにぶつかって、遊んだり、怒ったり、

泣いたりしていました。

感情豊かで、とっても優しい人でしたが、その頃から、現在まで、ご連絡

することもなく、時間が経っていたのですが、今日、数十年ぶりに、

お会いすることができました。

その笑顔と優しさは、お変わりなく、当時のままでした。

こどもと活動するというのは、「生命のエネルギー」を常に

感じさせてくれます。

こどもたちが、日々、成長するように、私も、日々、社会の

空気を吸って、成長・パワーアップしていきます。.

再会したい恩師

今日は、学校に通っているこどもたちにとっては、終業式も終わって

春休み、最初の土曜日です。

お出かけしている人も多いのか、国道の車の渋滞も激しかったように

感じます。

また、新しい生活を始めるための「お引っ越し」もこの時期かもしれません。

例年なら、ポカポカ小春日和の季節となっているのでしょうが、花見には

程遠い、風が強く、雪も時折降る、冬型のお天気が続いています。

30年前のこの時期、高校卒業と同時に、横浜に住む恩師に会いに

行きました。

正確には、友人の担任で、私は、クラス担任をしてもらったこともなかった

のですが、この先生がいなければ、高校生活はおくれていなかったかも

しれないくらいに、親身に私の相談にのってくれていました。

その先生が、高校2年の途中で「寿退職」し、横浜に行ってしまったのです。

(そこで、卒業後、すぐに友人と横浜まで、会いにいったのです。)

「結婚」そのものが、疑問符で行ったことだったので、二人の短い生活の後、

単身で東京に引っ越し、出版会社に勤めていました。

その頃、私は、連絡を再度とって、東京で再会しました。

ところが、その後、出版会社もやめてしまい、連絡がとれなくなって

しまったのです。

案の定、高校の卒業生及び教職員名簿にも、連絡先は明記されておらず、

現在もどこにいらっしゃるか不明です。

もう少し、落ち着いたら、私の人生の支援者である藤井先生を探し、

今は、東北で被災している友人と共にお会いしたいと思っています。.

決起集会

本日は、大阪府議会議員選挙の予定候補者である、「吉田やすぞう」さんの

決起集会が開かれました。

会場は、用意された席が満席で、立ったまま、お話を聞いてくださる出席者の方も

いらっしゃいました。

来賓のご挨拶では、来月に予定されている、高槻市長選挙予定候補者の

はまだ剛史さんをはじめ、高槻市議会議員のみなさんと予定候補者の

決意表明がのべられました。

その中のひとりである私も、共に頑張る決意を、発言させていただきました。

私は、岡本茂議員の後継として、初挑戦いたします。

岡本議員が、初挑戦を決めた16年前にも、「阪神淡路大震災」がありました。

先日起こった東日本大震災においても、このときの経験や支援のあり方は、

16年たった今も、活きています。

社会がこういった状況だからこそ、「命のきずな・人のつながり・地域の再生」

をより強く感じています。

こどものあゆみをバックアップし、活力あるまちづくりのために、

「吉田やすぞう」さんと共に頑張ります。

吉田やすぞうさんも、みんなの思いを十分に受け止め、ご自身の政策

を熱意ある言葉で表明されました。

一週間後、4月1日が、大阪府議会議員選挙の公示日です。

予定候補者は、ゲートに並んでいるといった状態で、このゲートが

あけられると、一斉に飛び出していきます。全力で疾走していきます!!!.

若い時は、、、

 今日は、「春の嵐」のような時間があって、雨や風が急に強く降り出して

いましたね。ちょうど、外にいたので、寒くて、びっくりしました。

また、本日は、大阪府立高等学校の(後期)合格発表がありました。

とっても気になる人物が、受験していたこともあって、合否の連絡を

心待ちにしていました。

結果は、みごと「合格!」。自分のことのように嬉しかったです。

「本当におめでとう。努力が形になったよね。」

その話とは別に、知的障がいを持つ若者も、「大学」の講座を

受講するために、家族は熱い思いをもっておられました。

その若者の合否は、「不合格」でした。

これは、本当にショックで、「なんで~」と叫んだほどです。

人の人生は、時として、進んでゆく道を切り開いていったり、

塞がれたりします。

その、進む道も、開かれたといっても、平坦な道ばかりでない場合

もありますし、塞がれた道は、やめにして、道を変える場合もあります。

若い人にとっては、それが昔の人が言った「若い時の苦労はかってでもしろ」

ということで、後の人生の糧となるということなのでしょう。

10代や20代の若者には、「その時はつらくても、きっと良い日がくるよ」

とエールを贈りたいです。一緒にがんばろうね。.

選手宣誓

3月も下旬になると、「お別れ」を実感します。

長年お世話になった、諸先輩方の「卒業」もありますし、

関係の深かった方々が「人事異動」で、遠くに行って

しまう場合もあります。

私自身も、昨年5月末に退職し、「あっという間」に10カ月

が過ぎました。

「別れは出会いの始まり」のごとく、たくさんの方々とお会い

する機会を得ました。

たくさんの声援や心に響くことばの数々が、私にエネルギーを

与えてくれます。

その真逆のことばと態度もいくつか経験しましたが、、、落ち込んでは

いられません。

今日のセンバツ高校野球の選手宣誓のように、清々しく、力強く、堂々と

4月の闘いに挑んでいきたいと思います。

本番まで、1か月をきりました。

後は、全力疾走するだけです。必ず、ゴールでテープを切ります!!!.

ひとりとちがうで このまちは

当事務所でも、「東日本大震災 救援カンパ」を実施しています。

本日も、数人の方が、「(カンパ額が)少ないけど、何かのたしにしてね。」と

カンパをして下さいました。「本当にありがとうございます。」とお礼を言いながら、

その金額は決して少ない額ではありません。それでも、「本当に、気の毒でねえ。」と

わが身に引き寄せて、お話をしてくださいます。こういった、人の思いと分かち合いが、

復興を支え、進めていくのだと、思います。

大震災でお亡くなりになった方へのお悔やみのため、各界に自粛ムードがあります。

もちろん、むやみに騒ぎ立てるのは本意ではないですが、悲しんでいる人を励ます

ための行動も、とても重要だと思います。

「ひとりとちがうで このまちは」

岡本茂議員が一期目に大事にしていた言葉です。.