眼科検診

 励ましや、体調を気遣ってくださるコメント、ありがとうございます。

1月は、インフルエンザの猛威で、高熱を出されて、苦しんでいた方も、

身近でおられましたが、おかげ様で、私は、今のところ、その心配はないようです。

今日は、恒例の、早朝駅前活動を終えてから、眼科の検診に行きました。

総合病院の月曜日は、凄まじい人、人で、会計処理を待つ人は、待合ベンチが

足らず、数人は、立って待っていました。そのうちの一人が、私です。

今回は、眼科検診でしたので、立って待っていても、苦痛ではなかったのですが、

内科や外科受診の方は、家族が付き添っていて、その家族らしき方々が、立って

待っていました。

病院側の設備や対応を、すぐさま批判しているのではありません。

医師も看護師も、事務職員も一生懸命対応しているのに、受診者が

多すぎて、病院内で慢性渋滞状況が起こっているのです。

反対に、受診者が少なければ、医療機関でも、経営がなりたちません。

アメリカのように、「ホームドクター」のすすめや、特別に困難な病気のみ

総合病院での受診が認められるような、制度も数年前に導入されましたが、

高槻のように、医療機関が充実している地域では、ご近所の昔馴染みの

病院(それが、大学病院であっても)に通院するというのが、一般的なの

かもしれませんし、特に、ご高齢の方は、そのような感覚なのかもしれません。

ただ、今後、医療や高度医療が受けられる人とそうでない人の線引きは、

経済的な裏付けと支援する家族によって決まるというなら、それを享受

することが難しい人々も多く出てくるのではないかと思うのです、、、。

家族以外でも、支援してくれる人と支援できる体制・システムが、

この超高齢化した地域社会では、最重点課題で、最優先になって

います。これまでも、さまざまな施策が試されてきましたが、これからは。

トップダウンではなく、ボトムアップで、地方自治体から、成功例を出して

いくことが、問題解決の早道だと思うのですが、、、、。.