家族イベント?!

 昨日は、母の誕生日でしたが、スーパー銭湯に便乗しただけでしたので、

今晩は、一日遅れの食事会をしました。

母は、自宅近くのお寿司屋さんでも良いよと言っていたのですが、

たまにしか行けない所の方が、良いんじゃないかと考えて、

ちょっとだけお値段のはる所へいきました。

食事をしながらの会話は、来月に予定している祖母の法事のことでした。

出席者のことや、段取りのことなどです。

取り仕切りは、今回は父なのですが、母は、細部にわたって気になることが

あるのです。

ある意味、「法事」は、家族の大イベントなので、運営委員会事務局長の母が、

当日まで、ヤキモキするのは、仕方ありません。

なんといっても、これまで事務局次長として調整役をしていた私が、当日欠席なので、

グチりたくもなったのでしょう。

なにはともあれ、無事に家族の大イベントが成功するように、願うばかりです。.

ポカポカな日

今日は、午後からと夜に、それぞれ福祉、教育関係者のあつまりがありました。

午後からの集まりは、お隣の茨木市で開催され、「子どもの虐待」をテーマにした、

講演会でした。

講師は、森田ゆり(エンパワメント・センター主宰)さんで、私も、とても尊敬している人です。

子どもの虐待にたいして、私たちおとなができることは、何なのかということを

森田さんは、「できることは、たくさんあります。」とおっしゃって、その具体を

お話してくださいました。心に染みいるお話でした。

森田さんの活動は、エンパワメント・センターのサイトで、ご覧いただければ、

嬉しいです。

人は、誰でも、元気で明るく生きていければ幸せですが、生きていれば、悩みや困ったことが

おこって、気持ちが落ち込むこともあります。

そんなとき、誰かに気持ちを認めてもらえれば、心が軽くなったりします。

また、会えただけでも、エネルギーをもらうこともあります。

それが、今日の私でした。

森田さんや、仲間のみんなに会えたことをはじめ、

夜の集まりに行くために、電車で移動していたとき、駅構内で、バッタリと昔の上司に

お会いしました。私の身体を気遣っていただいたので、お礼を言って、感謝しました。

そして、次に歩き始めたとたんに、声をかけて下さる方がいました。

本当に、偶然でしたが、この方は、機会を持って会いに行きたい方でした。思わず嬉しくなって、

手を握りしめて、はしゃいでしまいました。

このことを、夜の集まりで、お会いした彼女の元同僚の方にお話ししたところ、

「人は、強く願いを思えば、必ず叶うんですね。会いたいと思っていたから、会えたんですよ」と、

おっしゃってくださいました。この会でも、久しぶりにお会いする方々と、お話ができて、

感激でした。

家に帰ってみると、母が本日、誕生日なので、スーパー銭湯に行くというのです。

すぐさま便乗し、心も体もぽかぽかで、今日を終えました。.