ミッション

 今日は、本当に寒くて冷たくて、体中が痛くなるようなお天気でしたね。

自転車で、移動するのが、つらくて、凍えていました。

さて、昨日のお話の続きですが、「大前英世 大阪府議会議員」の新春のつどい

に参加しました。

大前議員は、今期をもって勇退されます。市議会議員時代から数えると、10期40年の

議員活動にピリオドを打つということで、ご本人や支援者の方々も感慨深く、ご挨拶では、

「感謝」という言葉が、重ねて述べられていました。

後継の「吉田やすぞう」さんは、その思いをしっかり受け止めて、「弱いものいじめのない

社会」を目指したいと力強く語られました。

私は、この場に居合わせて、感じたことが二つありました。

ひとつは、世代交代の責任です。

私も、岡本茂市議会議員から、バトンを受け取る立場であるということから、

その実績を土台とさせてもらって、自分自身は一から、努力して積み上げて、

いかなくてはならないという責任です。

もうひとつは、使命(ミッション)です。

バトンを受け取ったら、どれだけ頑張って、ゴールを目指していけるかということを

多くの方に、その姿を見てもらえて、声援をおくってもらえるかということです。

プロの花形ランナーから、無名のランナーに、バトンをもらうこの瞬間。

よーく、ウォーミングアップしておかなくてはなりません。

バトンを決して落とすことのないように。.