ピギーバンク

先日、自分名義の通帳のキャッシュカードを作ったので、さて、お金を引き出そうと、

銀行のATMで操作したところ、暗証番号の押し間違えで、すぐに使用できなくなり、

新たに、また、手続きをするために、本日、銀行に行きました。

新たにキャッシュカードを作ると、1,000円かかるが、クレジットカード付きの

カードを作ると無料だという説明があり、即決して、無料のカードを選びました。

でも、心の中で、「なぜ、このシステムなんだろう?」と考えて、銀行は信販会社

と結びついているというか、銀行の子会社がサラ金だったりするので、こういった

「営業活動」をしているのかな?と考えました。

「振り込め詐欺」の被害にあわないようにと、注意を促す一方で、手続きの煩雑さ=

細かな個人情報の提出は、お金を預ける預金者保護というよりも、預金者の選別に

結びついている?!と考えるのは、考えすぎでしょうか?

インターネットバンキングやテレホンバンキング、ATMと人と現金が行き来しなくても、

経済活動が成り立っている社会が、リーマンショックを生み出したんですよね。

事務所のピギーバンク(貯金箱)を見ながら、ふと、考えました。.